通学時に迫る危険と防犯対策の必要性

通学 防犯

小学校に通い始めると、それまで親に送り迎えしてもらっていたり、バスで通園していたりした環境とは全く異なり、子どもたちだけで通学しなければならなくなります。この通学のときには実は多くの危険性が伴います。車が通る道での通学は交通問題の危険性と隣り合わせです。また交通問題と合わせて不審者による危険性も隣り合わせなのです。近年でも小学生を狙った犯罪が数多く報告されています。すべてが通学時によるものではありませんが、通学時にこうした問題に巻き込まれたというケースも少なくはありません。人通りが少ない道や、人からあまり見ることができない死角が多ければ多いほど連れ去りなどの問題が増加してしまう可能性があるため、通学路の見直しや、通学時の防犯対策をしっかりと行うことが必要となるのです。

通学時の道を確認し、防犯対策を考えましょう

通学時における防犯対策としてまず重要となるのが通学路です。多くの小学校では家から学校までどの道順で通うのか決められています。また帰りも同じ道を通ることとなるでしょう。通学路は本来、車との接触が起こりづらいなど安全性に考慮した道が選択されていること多いです。不審者に対する防犯ももちろん考えられています。しかし家につくまでの道のりで一人になる時間が長いなど、多くの子どもに支障がなくても、一部の子どもには危険性があるという場合もあります。そのため自分の子どもにとって危険性はないか今一度通学路を再確認し、危険があった場合は学校と連携し対策を考えなければなりません。また安全性を確認した通学路においては、子どもが勝手に通学路以外の道で通学しないように、通学路を守ることの大切さを教えることも重要です。

通学時における防犯対策にできることとは

実は不審者の目撃情報というのは全国各地で連日のように報告されています。いつそういった不審者に遭遇してもおかしくはありません。そのため通学時における防犯対が必要不可欠であるといえます。まずすぐにできる防犯対策としては、子どもたちの防犯に対する意識を高めることです。知らない人に声をかけられても絶対について行ってはいけないという点や、声をかけられて不審に思ったら走って逃げるという点を教育しておかなければなりません。またいざというときに声を出すことができる場合に防犯ブザーを持つこともよいでしょう。最近ではGPS付のキッズ携帯を持たせる親も増えています。携帯があればすぐに連絡をとることも可能であるため親の安心感も増すでしょう。学校によっては携帯の持ち込みが禁止されている場合もありますが、そういった場合はGPSのみの端末を持たせるということも可能です。

見守りサービスは、日本テレビ「シューイチ」で紹介されたメディア掲載の実績あります! 新しく端末等を準備する必要がなく、見守りサービスが利用できます。 時期によっては、お得なキャンペーンも実施しております。 子どもの成長とともに、行動範囲が広がることに抱く不安を、当社サービスがサポートします!通知先を1件追加する場合も安価な月額制の追加で対応が可能です。 まもレールは通学時の防犯対策事業に力を入れています