子供自身ができる通学時の防犯対策

通学 防犯

現在はとても便利な世の中になりましたが、物騒な問題もニュースでよく見かけます。そこで私たち大人が気になるのは子供たちの安全についてです。子供たちの通学は、親が毎日ついていくわけではないので心配している親も多く、まして子供が低学年であればなおさらです。子供に対する声かけ事案の多くが通学路で発生しており、「道を案内して」「ゲームしよう」などと言葉巧みに子供に近づきます。不審者による連れ去りは、親にとってはとても心配なことです。子供たちは近づいてくる人が不審者なのかどうかを判断するのもまだ難しいものです。身近な所からできる防犯対策にはどんなものがあるでしょうか。登校時は集団登校をしている地域も多いかと思いますが、下校時はなるべく一人で返らない様にするというのが一番簡単な防犯対策になります。

通学の途中で子供や親が気を付けたいこと

子供たちが通学中に自分でできる防犯対策で一番簡単にできることは、先ほど出てきた様に下校時になるべく一人にならないようにすることです。複数人でいると、不審者は声をかけにくくなります。声をかけられても、知らない人の誘いには絶対にのらないと親子で約束しておきましょう。冬の日暮れの早くなる時間に下校する時は、できるだけ大きな、明るくて人通りの多い道を通るようにします。怖いと思った時は走って逃げる、大声を出したりましょう。何かあった時に助けを求められる場所はどこにあるのか、コンビニやこども110番のステッカーが貼ってある場所など、親子で一緒に確認しておく必要があります。何かあった時のために防犯ブザーをランドセルにつけるなど、すぐに使える状態にして持ち歩くのも良いでしょう。

学校や地域も含めてできる防犯対策

通学路は、学校が子供たちの安全を考慮して決めています。子供たちには必ず通学路を通って下校することを徹底してもらいましょう。通学路であれば、学校も防犯対策が立てやすいですし、万が一の時も目が届きやすくなります。建物の増減も把握しておく必要があります。建物が取り壊されて駐車場になっていたというパターンもありますので、通学路の変化は大人も把握して危険な場所にならないようにしなければなりません。地域によっては通学を地域のボランティアの方が見守ってくれるという取り組みが行われており、横断歩道や危険な用水路の近くなどに立って見守ってくれます。これは、防犯対策にもかなり有効となっています。この様に、地域をあげて子供たちの安心、安全を守ろうという取り組みは、親にとっても大変心強いものです。