防犯対策をして安心安全な通学をしよう

通学 防犯

子供がいる家族や家庭なら、子供たちの通学中が安全なのか、きがかりです。日本では残念なことにまだまだ子供の連れ去り等があとをたちません。しっかりと防犯対策をして、子供たちが安心安全に通学出来るようにしましょう。まずは防犯ブザーを必ず持たせるようにします。購入したら、防犯ブザーをすぐに使える状態にしておくこと、使用方法を子供にちゃんと伝え、いざとゆう時にしっかり使用できるようにしておきます。電池切れや故障がないかも必ず日々チェックしてあげてください。通学用と外出用で複数あると持ち忘れ等も防ぐ事ができます。一人でお留守番をする場合は、家に入る時に周囲にだれかいないか、家に入ったらすぐに戸締りをする事、知らない人が来てもドアを開けない等しっかり子供に教えておく事が重要です。

子供達が安心して通学するための防犯対策

子供達が安心安全に通学するために、防犯ブザーを持たせてあげるのはもちろんのこと、登下校は必ず複数人でする事が大事です。とくに、登校中より下校中のほうが、連れ去り等が起こりやすいようです。安全な通学路なのか確かめるためにも、子供と一緒に1度通学路を歩き、ひと気のない場所や危険な場所、死角になる場所を確認して、子供達に行ってはいけない、入ってはいけない所を確認しておきます。危険が起こった場合に大きな声を出せるようにしておくことや、コンビニやスーパーなど危険な事が起きた場合に逃げる安全な場所を見つけて確認しておくことも重要です。大人だけでなく、子供達自身にも防犯意識を持たせておきましょう。近年ではスマホ等で見守りができる機能があるものもありますので活用しながら子供達を守りましょう。

子供達が楽しく通学できるためにみんなで出来る防犯対策

子供達が安心安全に通学出来るように、公立の小学校では親御さんが登下校中に通学路に立って、見守りをしてくれていたり、地域のボランティアや町内会等で見守りを実施していたりするところもあります。こういった見守り活動は防犯対策の一貫として大きな役割となっており、子供達も大きな声であいさつをしたり、お話をしたりと、地域の人とも関わりがもてます。防犯ブザーやスマホ等の機械では、やはり限界があります。いくら防犯対策をしていてもちょっとした路地裏に入ってしまったりしてしまえば、確認が出来なくなる事もありますので、こうした場合でも地域の連携は重要になってきます。ハザードマップを地域と子供達でつくる活動等もありますので、それらも積極的に参加し、自宅での教育と、やはり子供達自身での防犯知識や意識が安心安全な通学には大切になっていきます。