News

2017/12/14
a4圧着はがきはいくつか種類が存在を更新致しました。
2017/12/14
ローリスクハイリターンの宣伝手段を更新致しました。
2017/12/14
圧着はがきはDMを送るときに打ってつけを更新致しました。
2017/12/07
宣伝効果抜群の圧着はがきを更新致しました。

インパクトが欲しい時にはa4圧着はがき

DMもなんだかマンネリ化してしまった、何かしらの変化が欲しい、もっと多くの人にちゃんと見てもらいたい、というような時に利用してみたいのがa4サイズの圧着はがきです。a4サイズの圧着はがきならインパクトの強さはもちろん、中身を広げてみた時の情報量も全く違うので、それだけ多くの人に興味を持ってみてもらえるということになるでしょう。
少しの内容しか載っていない通常タイプのはがきサイズ圧着はがきの場合には、どうしても見ても見なくても構わない、というようなことになりがちなのですが、やはり大きいDMで、しかも圧着はがきとなれば中身が気になってしまうこと間違いなしです。
a4サイズの圧着はがきの注文はインターネットの印刷専門業者に依頼すれば価格やプラン、仕上がりタイプなど色々と有るので用事や費用に合わせて利用できるだけでなく、それほど日数も掛かることなく送ってもらえるのでとても便利です。また、価格に関しては枚数が多くなればなるほど、まとめて注文をすればするほど安くなる業者も多く存在しているので、よく調べてから注文をするといいでしょう。
インパクトの強さで勝負をするなら、やはりa4サイズでしっかりと顧客の興味を引くようにしましょう。

a4サイズの圧着はがきでDM作成する利点

顧客にDMを送付したい店舗が抱えるネックとしてあげられるのは、そのコストです。DMを送付すれば販促効果を見込めますが、あまりコストをかけすぎると経費がその分かさんでしまいます。そこで、DM作成に何らかの工夫をすることが求められます。その工夫としておすすめなのは、a4サイズの圧着はがきです。
a4サイズの圧着はがきの良いところは、形式上はがき1枚であるにもかかわらずそれ1枚で情報の掲載をスッキリと済ませられる点です。DMを送付するとなれば、普通はいろいろな物が必要になります。封筒の中にパンフレット、申し込みハガキ、宣伝チラシなどを詰め込めば相当な量になってしまいます。それではコストがかさみます。しかし、a4サイズの圧着はがきであれば、はがき1枚というとてもシンプルなスタイルでOKになります。それならコストも割安にできます。
特にa4サイズの圧着はがきを専門で作成しているサービス会社に発注すれば、魅力的なDMが低予算で仕上がるのを期待できます。それならコストは削減できてなおかつ販促効果の高いDMを顧客に送付できますので、ローリスクハイリターンの広告ができます。つまり、顧客へのお知らせでa4サイズの圧着はがきを送付するのは、とても合理的な手段です。

Choices

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加